お金が困ったら段階的に手段を考える

大学生です。
普段はアルバイトをしながら学校に通っています。

私がお金に困ったら、というか、お金に困り始めたらになりますが、これはどういうことかといいますと、通帳残高がマイナスを表示したときが困り始めた時です。銀行はマイナス10万円までは面倒を見てくれるので、私の中ではこのマイナス10万円という上限に達する間に、完全に解決をする方法を考えることになります。
当然、それを超えるような考えなしの買い物をすることは、日々の買い物の中ではありません。

友達は、よくカードで買い物をしているようですが、それは借金という事になるわけですから、現金主義の私には考えられないことです。

しかし、どうしても困った時にはすごく助かるものでもあります。
学生でもお金を借りたい時、安心して借りられる方法があるようなので、チェックしてくださいね。
お金を借りる学生※大学生専用の学生ローンよりも安心できるローン会社

まず、マイナスが通帳についた時点で、なぜマイナスが付いてしまったのかを考えます。
普段通り生活をしていると、マイナスがつくことはありえませんので、何か買い物、もしくは大きな引き落としがあったと考えるわけです。

基本的に私は、毎日家計簿をつけたりはしていないので、通帳が危なくなったときに特定の通帳の整理をし始めます。
そこからは、日々の生活を悔い改めます。

質素な生活を何カ月か心がけます。
これで相当節約かつ、お金を何もせずして作ることが可能になります。

それから、要らないものをリサイクルショップに売りに行きます。
なんでもいいです、100円でも200円でもなれば、1日分のお昼ご飯のパンが買えるわけですから、それでいいんです。
お金をつくることが大事です。1日でも長く生きるために。

最終手段は、申し訳ないですが、親に頼ります。
頼るというか、うまいこといいます。
お使いでもいいんです、おつりをちょっともらいます。
他はなにか手伝いをしてうまく言いくるめて、お金をもらうようにしています。
私はパソコン関係が得意なので、パソコンで調子が悪いところはないか、あったら修理してあげて修理代として何千円かでもいいのでいただいて、少しでも足しにするようにしています。

結局のところ、家計簿をつけて毎日の無駄使いをやめた方が、お金が足りなくなるようなことが少ない気がしますが、なかなか気分屋なもので、その時に「欲しい」と思ったものを買ってしまって、あとから痛い目を見ますが、それなりにお金を作ることには成功しつつ生きています。

フォーマルウェアの選び方

独身の頃、ごく近い親族(兄弟姉妹など)が結婚する場合には着物を着つけてもらい出席しました。叔父の再婚の際には叔父夫妻が少ない親族だけでという結婚式を挙げたので、あまり飾りすぎないワンピースで参列させてもらいました。

独身の時には、どのくらいの親戚までどういった服装が良いのか私自身まだ若かったこともあり、よく分からなかったので多くは母に相談して和装かワンピースなどでOKか決めてもらっていました。

しかし、結婚後は既婚ということもありましたし、30手前という年齢もあり、ワンピースで参列する際にも膝下丈のものを選ぶようになりました。

1度、毎回結婚式のたびに衣裳を購入するのが勿体ないような気がして、20代だしいいか、と安易な気もちで独身時代に結婚式用に購入し1度着用したことのあるワンピースを着て参列したことがあったのですが、周りを見てみた時に既婚者で自分だけスカート丈が少し短めであることに気が付いて、恥ずかしい気持ちになったことがあったのです。

色目は落ち着いた光沢のあるネイビーですし、安っぽいドレスを着用したわけではありません。また、短いと言ってもひざ丈だったのですが、どうやらミセスは膝下丈が定番らしいと感じたのです。

それ以降は、膝下丈のワンピースを買い直し、上にはドレスに合うようなボレロやカーディガンで肌の露出をおさえつつ、ヒールの高すぎないパンプスと定番のパールネックレスをつけるようにしています。

※ブラックフォーマルを着るときの靴の選び方はこちらを参考に・・・ブラックフォーマル 靴

あと、日ごろは結婚指輪を外している(アクセサリーをつけた生活が苦手なので)のですが、やはりお祝いごとですし、結婚後は親族の結婚式となるとたいてい夫婦で招待されるので、結婚式の招待されておきながら既婚の自分たちが指輪をしていないのってどうなのかな?と主人と話したことがあり、毎回仕上げには結婚指輪をつけます。

結婚後、主人の妹が結婚式を挙げたのですが、その時は私が妊娠中だったのでゆったりとしたワンピースで出席させてもらいましたが、本来ならお義母さんに服装こんなんで良いかな?とお伺いを立てておいた方が良かったのかもしれませんね。

結婚相手の親族のお祝いごとに出席するならお義母さんへの事前確認が無難かもしれません。

失業後、しばらくバイト掛け持ちでした

大学卒業後、就職氷河期にようやく内定をもらった小さな会社で働きはじめました。
しかし、不況のためその会社が一年ほどで倒産。

あっという間に失業者となった私は、一人暮らしのアパートで毎日履歴書を書いては送る日々を送っていました。

しかし、正社員や派遣社員として働くこともままならず、失業保険も切れたためアルバイトを掛け持ちしてしばらく働くことにしました。

学生時代のアルバイト経験から、やはりまかない付きの喫茶店でまず仕事を見つけました。

笑顔でコーヒーを運んで、トイレ掃除もして、時給は800円、これで家賃と生活費、年金を払って生活していくのはかなりきつかったです。

そこで空いた時間を利用して近所でさらにアルバイトを見付けました。
時給の良さが魅力の写真プリントのお店と、深夜勤務が可能な本屋さんです。

これで生活のほとんどの時間をアルバイトすることでなんとか生活費を捻出することができました。
アルバイトばかりしているので、遊んでいる時間もないため無駄遣いもありません。

しかし、22歳を過ぎてアルバイト生活で東京で一人暮らしというのはとても心細いものです。
なぐさめとなったのは同じ境遇のアルバイト仲間や、アルバイト先の雇用主さんたちの優しさでした。

喫茶店では余った食材を分けてもらったり、写真プリント屋さんの社長はよくご飯をごちそうしてくれました。
本屋さんでは、同世代のバイト仲間とお店が終わったあとで深夜から明け方まで居酒屋でよく飲みました。

みんなお金がなかったけれど、気持ちの優しい人ばかりで恵まれていたと思います。

その後なんとか大学時代の先輩のつてで再就職先が決まり、かけもちアルバイト生活には一年ほどでピリオドを打ちました。

不安で心細かった時期だけに、バイト仲間や雇い主の方々の優しさに助けられた一年でした。

これからの生活が不安

わたしの悩みはまず、金銭面のことです。
働けど働けど支払いは減らず、子供への教育資金もかかってきているので、
頑張って働いてもすべて水の泡になって、自分へのご褒美も買えずにいます。
主人の扶養範囲以内で働いているということもあり、収入も限られてきます。
そんな中、増えていく支払いにどう対応しろというのでしょうか。

正社員で雇用してくれるところもなかなかなく、しかし、小学生になる子供がいるので学校行事には参加しなければならず、そう考えれば正社員はなかなか難しいのです。
面接の段階で断られますし、子供のことで寛大な会社は、そうありません。

主人のお給料ではやっていけないし、主人の会社は副業禁止で、そうなれば、わたしが働くしかないのですが、税金関係を考えて扶養範囲内で働くように言われています。
生活がカツカツであれば、わたしは夜にでも働きに出てもいいと思っています。
子供を主人を見てくれるのであれば。の話ですが。

生活していくにつれ、カツカツで、しかも子供にもっとお金がかかってくる。
貯金もないし、これからどうしていけばいいのかわかりません。
それがわたしの不安であり、悩みです。

今現在急な大きな出費ができたらお金を用意することができません。そうならないように生活をしているのですが、いつ主人が働けなくなるかも分からないし本当に怖いですね。。。

たまに光熱費が支払えなくてこのままでは止まってしまうかもっていう月があります。その時は1万円くらいを消費者金融で借りて支払いをすることもあります。

老後のこともいずれ考えなければならない年齢になってもきますし、
いつまでも元気で働けるわけでもないとわかっています。
年金もわたし達世代はもしかしたらもらえなくなっているかもしれません。
そうなると、自分で今のうちから貯蓄できるうちに頑張って貯めておかなければならず、いったい子供の教育資金、そして自分たちの老後の貯蓄と考えると、いくらあったらいいのかと想像もつきません。

お金がなければひもじい思いをする。
そして、いつか大人になった子供にお金の援助などしてもらうような親にはなりたくないので、今のうちから頑張らなければならないのかなと思っています。

 

急に10万円必要となったら。

もし、貯金が0円で急に10万円必要となったら私ならまずいらないものを売りまくりますね。

ちまたの店舗だといいものでも何十円とかいうこともありますので、私だったらオークションとかで売るかな。うまく文章を書いて宣伝すれば結構な額稼げると思います。私は本が好きで蔵書がかなりあって図書館みたいになっていますので全部売ったら十万は軽くいくと思います。

古い雑誌や本でも専門書とか手に入りにくいようなものとか絶版になってしまったものとかだったらたまにプレミアがついているものがありますからね。今は手に入らないようなものも持っていますのでひょっとしたら一冊で数万くらい売ればいくかもしれません。

ほかはアフィリエイトとかかな。上手に書けば一件一万円くらい稼げるものもありますしね。ですがこれは文章力とか宣伝力がかなり必要となってくるかもしれませんが。一万円で十人が買ってくれたり、その商品やサービスを使ってくれたとしたら一気に十万円ゲットですからね。これは経験となれが必要だから誰でもできるものでもないかもしれませんけど、できそうだと思う方はやってみられてもいいように思いますね。まぁこれは経験とかもですが運も必要だと思いますので、運気もアップしとかないといけませんから、風水などに頼って掃除なんかをしてみたり西に黄色いものを置いたりもするかもしれません。

私の場合こういう感じでたぶん十万円くらいにはなるかと思います。

究極にどうしようもない場合でしたら、人にお金を借りることはしたくないので消費者金融をりようするかもしれませんね。

人に借りるとどうしてもトラブルが付いてきそうですし、お金がないんだって思われるのも私のプライド的に嫌なので、誰にもばれない様に借金をする方を選びますね。消費者金融ってなんだか悪いイメージがあると思いますが、きちんと返済をしていける額の借り入れだったり、返済をきちんとしていればなんでもないことです。知り合いから借りているのと同じようなものだと私は思っています。

最近嫌いなのは下半身です

私は十代の頃太っていたのですが、当時は自分の容姿に関してあまり興味が無かったので、太っていようがお肌が多少荒れていようがあまり興味がありませんでした。

女子高だったのですが、周囲にはばっちり容姿に気を使う組と、それなり組に別れていて、当然私はそれなり組で、食べたいだけ食べるというのんきな学生生活を送っており、ある意味充実した学生生活でした。

そんなのんきな10代を過ごしたのち、ようやく自分の容姿にも気をつかうようになり、お肌のお手入れもするようにはなったのですが、元々冷え性だったせいか下半身の冷えやむくみは当時からなかなか解消できず、体形は標準になったものの下半身は太いという、ピラミッドのような体形でした。

20代の私は、これはもう体質だから仕方ないんだ、そう開き直ってしまい、見てみぬフリをし、ミニスカートなんてとてもじゃないけど履かないようなファッションで済ませていたのです。

ところが30代になった頃、このままではいけないと感じるようになりまして、一念発起して下半身ヤセダイエットを開始しました。

コンプレックスは解消しておかないと、いつまで経ってもそのままだと自分に言い聞かせ、半身浴にかっさでのリンパマッサージで足首やふくらはぎ・ふとももに付いたセルライトを潰して流しているうちに、少しづつ細くなっていき、ようやく標準にまですることに成功しました。

でも、まだ太いのかも?と自分の体形での標準サイズを調べてみては、もうふくらはぎやふとももなんて無くなってしまえと思ったこともあり、こうやって拒食症になる人もいるのかな?と感じたり、今だにあまり足を出す格好をする事に抵抗感を感じ、コンプレックスは今だに解消しきれていません。

また、過度なダイエットをすることにより、肌荒れもひどくなりました。いくら細くなっても肌が汚くなったら意味がないですよね。

一応こまめに手入れはしているんですが、なかなか綺麗な肌には戻りませんね(´・ω・`)

今思うと、10代の頃からもう少し美容に気を遣っていたらな…って後悔ですね。

株を始めたきっかけ

わたしが株を始めたきっかけは「ミニ株」投資という、新しい金融商品が出たことです。たとえば「ホンダ」や「ソフトバンク」の場合、ちゃんと買おうと思うと、40~70万くらいお金が必要になります。

でも、この「ミニ株」なら10分の1の金額で投資が可能です。もちろん、株数も1単位100株なら、その10分の1の株数をもつことになります。

単位株とは異なりますので、優待の権利はありません。また、指値注文できませんし、基本は即日注文もできないので、前日注文となります。

そのため、その日に注文して、その日に手じまいしてしまいたいような短期投資には全く向いておりません。

良い点としては、ここまで1株の金額が大きい株ですので、しばらくすると100円くらいは軽く上がります。下がることもありますので注意が必要ですが、うまく値上がりすれば、1株100円×10株=1,000 円の儲けが出ます。

手数料が取られますので、実質上は600円くらいのプラスでしょうか。長期投資を考えている方にはとても向いていると思います。

手数料は証券会社ごとによって異なりますので一概には言えませんが、少額で、憧れの企業があればミニ株で投資してみるのはいいかもしれません。

自分が「ここは!」と思って購入した株が値上がりするのは爽快なものですよ。

また、長期保有目的で株を購入するのもいいと思いまう。株価が大きく上がらなくても、配当金や株主優待などで得する事もありますしね。

お勧めなのは、ショッピングモールのイオンなんかイイのではないでしょうか。

※参考サイト・・・http://xn--n8j6d3gya97a651y6td1w6g.com/

配当金も出ますし、株主優待で、イオンで買い物した際は割引されますよ。イオンでよく買い物する方にはお勧めですね(*^^)vかなりお得だと思います。

お金がかかる。

一年ほど前から、念願だった一人暮らしを始めたんですが、今更ながら一人暮らしに後悔しています。

というのも、一人暮らしはお金がかかって。。。

ある程度は予想していたんですが、予想以上に生活費がかかり、今の給料ではっ毎日節約しながら、どうにかやっていってます。

私が想像していた楽しい生活とはかけ離れていますね。。。

家賃や光熱費、それに食費などを支払っていたら、自由に使えるお金なんて全然残りません。

なんのために一人暮らしを始めたのか分からないですよね。

もう実家に帰ろうかと考えてしまいます。。。